泡洗顔 黒ずみ

おすすめ洗顔料 鼻の白い角栓 鼻の黒いブツブツを消す 然 体験レポート 管理者について

泡洗顔だけで小鼻の黒ずみ解消する?|弾力泡が汚れを浮かせて吸着

泡洗顔だけで小鼻の黒ずみを解消することはできるでしょうか

 

 

小鼻の黒ずみの原因は、皮脂や古い角質が毛穴の中で、
黒く固まっている状態で、一般的に角栓と言われます

 

 

角栓は1回の洗顔だけでは落とすこと難しいですね
洗顔しても落ちてくれないので鼻パックや指で
押し出して肌に刺激を与えてしまいます

 

 

特に小鼻は皮脂腺が多い場所で、白いニュルニュルが出てきたり、
洗顔してもポツポツした角栓が取れずに多くの女性が悩みます

 

 

しかも、肌に優しいからと弱酸性の洗顔料での洗顔は
洗浄力の弱く、洗顔してもなかなか汚れが落ちません
詳しくは⇒泡洗顔でも鼻の汚れが落ちない!

 

結果的に「毎日洗顔しているのに黒ずみが消えない!」
と言われます

 

 

汚れが落ちないので、何回も強く小鼻をゴシゴシとやります
すると、必要な角質を落ちてしまい、バリア機能が低下して
肌を守るために、再び皮脂が過剰に分泌されてしまいます

 

 

このようにして、毛穴周辺に負担を与える対策を続けていれば、
逆に黒ずみが増えてしまい、いくら洗顔しても汚れは消えません

 

 

しかし、正しい洗顔方法を続ければ、小鼻の黒ずみは
洗顔だけでもゆっくり改善していきます

 

 

頑固な黒ずみ解消には弱アルカリ性の洗顔料と酵素

濃厚で密度が濃い泡は、肌によく吸い付き毛穴の奥まで入り込みます
そして毎日分泌される皮脂や角質に吸着して落としてくれます

 

 

ただ泡立ちがいいだけの洗顔料では毛穴汚れは取れません
問題はどれだけ汚れに吸着する力があるかどうかです

 

 

特に皮脂の分泌が多い小鼻の黒ずみを解消するには、
洗顔料の泡の「力と質」は大事になってきます

 

 

もともと汚れに吸着しやすい自然素材が配合されている洗顔料は、
弾力泡との相乗効果で毛穴の汚れが取れやすく肌にも優しいですね
代表的なのが火山灰シラスを配合した然よか石けんです

 

弱アルカリ性の洗顔料はお肌の表面や毛穴の汚れを取り、洗顔本来の
目的を達成することができて洗顔後も非常にサッパリします

 

 

弱アルカリ性の泡洗顔に週に一回くらいで酵素を入れて洗顔すれば、
角質の成分であるタンパク質を落としてくれます
酵素の洗顔についてはこちら⇒泡洗顔と酵素パワーを上手に使う

 

 

毎日の皮脂をきちんと取ることができるかどうかが、
毛穴トラブルを作らない肌の第一歩になります

 

 

小鼻の黒ずみの原因は?

小鼻の黒ずみの原因をQ&Aでまとめてみました
間違った毛穴ケアをしないように正しく理解しましょう

 

小鼻は皮脂の分泌が多いので毛穴に汚れが詰まりやすい?

洗浄力の弱い洗顔料では汚れがお肌に残り、再び黒ずみになってしまう
⇒弱アルカリ性の洗顔料でしっかり、さっぱり汚れを落としましょう

 

毛穴に残った汚れが酸化して過酸化油脂となり黒ずむ?

毛穴の皮脂は時間がたつと活性酸素をだして過酸化油脂という
悪性物質になり、肌の老化を早める
⇒毛穴に皮脂や古い角質が毎日残らないようにすることが大事、
汚れに対して吸着力がある洗顔料で朝と夜の二回の洗顔

 

加齢で肌の入れ替わりが遅れ、古い角質が剥がれず黒ずんで目立つ?

古い角質が剥がれ落ちる周期が遅れて、新しい角質が肌表面にどんどん積み重なり、
凸凹ができて、お肌の透明感が失くなり、くすんで見える
⇒角質の成分(タンパク質)を落とす酵素洗顔を週一くらいで取り入れる
日々の洗顔で水性に溶ける皮脂やホコリ、汗などの汚れをしっかり落とす

 

小鼻の毛穴汚れが取れずにゴシゴシやってメラニンが発生する?

小鼻に強い刺激を与えてしまうと防衛反応が働いてメラニン発生
⇒洗浄力が弱い洗顔料の使用を控えて、弱アルカリ性で泡の質が、
高い洗顔料で優しく肌を擦らないように洗顔

 

外食やファーストフードなど油っこい食生活はダメ?

血液中の脂肪や糖分が毛穴の中の皮脂腺を刺激して黒ずむ
⇒規則正しい睡眠や適度な運動は血液の循環がよくなり、
毛穴にも好結果が出てきます。食事はビタミンB2やビタミンをB1を

 

 

スポンサーリンク

 

 

泡洗顔を毎日根気良く続けることが黒ずみ解消のポイント

小鼻の黒ずみを取るには泡洗顔がとても重要だと話しましたが、
美肌になるには時間がかかるという事も忘れないでください。

 

 

お肌の新陳代謝は20代の女性でも28日周期となります。
年齢や、生活習慣、肌質などでも入れ替わり期間は違ってきます
毎日、諦めずに根気よく続けていくことが本当に大切なのです。

 

 

とにかく毛穴にあふれだす皮脂を貯めないことが基本です
1日2回の洗顔で余分な皮脂を毎日落としきる事が大事です

 

 

それでも黒ずみがなかなか解消しない時は、
1週間に1回程度で酵素洗顔を試してみて下さい

 

 

酵素の力で角質の成分であるタンパク質を
小鼻の毛穴から一旦落としてやりましょう

 

 

ただし、お肌に少し刺激を与える方法となりますので、
洗顔後のセラミド系の保湿も忘れずにしっかり行いましょう

 

泡洗顔だけで小鼻の黒ずみ解消する?|弾力泡が汚れを浮かせて吸着関連ページ

洗顔の目的は皮脂落としと保湿成分が浸透できる肌づくり!
洗顔の目的は皮脂や古い角質などの汚れを取ることと、肌にしっかりと保湿成分が浸透できるように角質表面の油分をとってあげること。
泡洗顔でも鼻の汚れが落ちない!|弱酸性洗顔料と泡の力が原因
泡洗顔を毎日しているのに汚れがなかなか落ちてくれないといった経験はありませんか。その原因は洗顔料選びにあります。弱酸性の洗顔料を使ってしまったり、弱アルカリ性の洗顔料を使用しても手でゴシゴシ洗ってしまうと大変な逆効果です。モコモコの弾力泡ができる弱アルカリ洗顔料で優しく洗顔しましょう。
泡立ちの良いおすすめの洗顔石鹸は|もこもこ弾力泡が人気の然よか石けん
毎日の洗顔はモコモコの弾力ある泡ができる洗顔料がおすすめです。しっかりした泡はお肌や毛穴によく吸い付き毛穴の奥の汚れをよく吸着してくれます。泡立つ洗顔料で人気なのが、すでに1800万個以上販売実績のある長寿の里の然よか石けんです
洗顔料をよく泡立てる理由とは何?|もこもこの濃厚泡で洗うメリット
洗顔料をよく泡立てる理由はデリケートなお肌への刺激を少なくすることと、毛穴の奥までしっかりと入り込み皮脂や角質などの汚れを吸着するためです。美容成分火山灰シラス配合のよか石けんは一度の洗顔で汚れ吸着と美肌成分をお肌に浸透させる2つの効果が期待できます。
洗顔料は弱酸性が常識だよね!?|その大きな間違いが肌トラブルに
多くの女性が弱酸性の洗顔料はお肌にいいと思っていますが、それは大きな勘違いです。逆にお肌のトラブルの原因を作ってしまいますので注意が必要です。洗顔料は弱アルカリ性を選びましょう。
よか石けんで小鼻もすべすべ

あなたの悩みは?アクセストップ5

火山灰シラス石鹸「然よか石けん」

鼻の黒ずみ 悩み別カテゴリー

然よか石けん体験レポート/Q&A

著者情報

皮脂・角栓で悩む

いちご鼻の悩み

鼻のテカリで悩む

皮脂の酸化で悩む

洗顔について

ホホバオイル

火山灰シラス

然(しかり)よか石けん